テーマ:日記

オペラ「ラ・ボエーム」

こんにちは。 金太郎です。    秋だ秋藝大オペラ「ラ・ボエーム」 今日は東京藝術大学奏楽堂に出掛けた。 藝大創立120周年記念第53回藝大オペラ定期公演「ラ・ボエーム」の鑑賞(聴く)のためで ある。 本当に素晴しかった。 なお、「ボエーム」はフランス語で「ボヘミア人のように放浪的で自由な生活をするその日 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

川柳「囲碁」大賞受賞

こんにちは。 金太郎です。 昨日は新橋で碁敵と烏鷺の戦いをした。  以前、この碁敵とのことをネタに川柳を3句作った。    碁敵が酒友となりし日暮れ時    あれこれとお互い主張あの一手    勝ち負けを忘れ手打ちや生ビール     実は第1句がベネッセ趣味のコミュニケションサイト『自分の楽しみ』の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨明ける

こんにちは。 金太郎です。    物憂い日長く続きぬ梅雨明ける 関東・甲信地方もやっと梅雨明け。 過去4番目の遅さとのこと。 先月後半は 28日「烏鷺の戦い」、29日「銀座までウォーキング」と 「参議院議員選挙」、31日「月末諸手続き・整理」と結構忙しかった。 在宅中は選挙関連のテレビ番組を中心に見たり、寄…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

烏鷺の戦い

こんにちは。 金太郎です。    勝ち負けを忘れ手打ちや生ビール 今日は新橋の行きつけの所で「烏鷺の戦い」をした。 対局中は無言である。 2局打った後、珈琲を注文し一服する。 再開し2局打つと夕方。 反省と懇親を兼ねて軽く一杯やった。    碁敵が 酒友となりし 日暮れ時    あれこれと お互い主張…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花菖蒲

こんにちは。 金太郎です。    菖蒲池風止みしとき紺写す   国枝隆生 今日は用事で大手町へ出掛けた。 丸の内仲通りの店で昼食。 その後、自宅までウォーキング(日比谷公園/花菖蒲をパチりー光・寺/神谷町 オープンスペースで一服)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政局裏話

こんにちは。 金太郎です。    白服で行くや特別講話会 午後、所属するあるクラブの総会・特別講話・懇親会に出席した。  特別講話の講師は偶々政治家で、テーマは「東アジアの外交課題」であった。  ところが、事務局から堅い話で出席者を退屈させないようにとの要請があった とのことで、昨今の政局裏話を中心にした内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朗読会

こんにちは。 金太郎です。    文読むや袷の襟をゆるめつつ  小島火山 昨日は「茗渓会」の公開講座(文芸公演・作品朗読)に出掛けた。 エッセイストの三善里沙子さんのミニ解説と俳優の幸田弘子さんの朗読で、 松尾芭蕉『奥の細道』と樋口一葉『わかれ道』の2作品が取り上げられた。 幸田さんは和服姿での出演。趣味が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山村暮鳥

こんにちは。 金太郎です。    聖五月山村暮鳥物語 今日は在家仏教講演会に出掛けた。講師は東京医療保健大学教授の菅原伸郎氏で、 テーマは「キリスト者・山村暮鳥の回心」。 詩人/山村暮鳥の宗教感の変遷の話で、大変興味深い内容であった。 講演では出なかったが、金太郎は次の詩が大好きである。 「おうい雲よ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

五月蠅(さばえ)

こんにちは。 金太郎です。    黒蠅が赤子のそばにまつしぐら  吉川茗荷    残念や手許にはなき蠅叩き    加藤晃規    富士山頂大いなる蠅つきまとふ  冨谷春雷 朝起きて窓を開けると蠅がさっと侵入してきた。  五月は虫の活動がもっとも活発な月である。 人間に最も忌み嫌われる昆虫の一つが蠅であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植木市

こんにちは。 金太郎です。    植木市一人値切れば二人買ひ  かたぎり夏実 今日は有栖川宮記念公園へ出掛けた。緑化協力員の指導の下での2007年 グリーンウォチング「樹拓を採ろう」に参加した。 「ムクエノキ」の樹拓を採った。 「ディフェンバキア」の小鉢を参加賞として貰った。 園内では「植木市」が立っていた
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テンプル大学「公開講座」

こんにちは。 金太郎です。    初夏の夕英語の講義受講せり 昨夕、アメリカのテンプル大学三田キャンパスで公開講座を受講した。 テーマは「Current issues in japanese polotics」。 講義は英語での授業であった。日本の戦後から今日までの政治状況を 概括した内容であったが、大変よ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

坊主と美女

こんにちは。 金太郎です。   「わが庵は 都のたつみ しかぞ住む               世をうぢ山と 人はいふなり」(喜撰法師)   「花の色は うつりにけりな いたづらに               わが身よにふる ながめせしまに」(小野小町) 昨夕は、神田「古典文学塾」があった。  藤原定…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画「硫黄島からの手紙」

こんにちは。 金太郎です。    あの島に眠る慰霊や山眠る    昨日、丸の内ピカデリーで映画「硫黄島からの手紙」を観た。 とてもいい映画だった。 涙ぐんだ。 戦争時の人間ドラマが凄くよく描かれていた。 戦闘機や軍艦の援護もなく、日本本土への米軍による直接攻撃防止のため戦い、 あの島に眠る方々に対して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大道芸「猿回し」

明けましてオメデトウございます。 金太郎です。    戌破魔矢戻し亥破魔矢を持ち帰る 近くのお寺と神社へ初詣に出掛けた。 お寺は浄土宗の大本山だけあって境内も広く色々な出店があり賑わっていた。  境内の一角では大道芸人の「猿回し」があり、そのあたりは一層の人だかりであった。 芸人は女性で相棒の猿との息もぴっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

年用意

こんにちは。 金太郎です。    メモ持ちて買い物に出る年用意  金子翠羽    年用意靄あたたかな日なりけり  久保田万太郎    標札も丹念に拭き年用意     大野穀雨    仏壇の灰もふるひて年用意    竹原より江    今年またひとつ手を抜く年用意  加藤晃規 昨日は床の雑巾がけをした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

餅搗(もちつき)大会

こんにちは。 金太郎です。    餅搗やほのぼの白き人の顔    笹川臨風    餅つきの合いの手のよき老婆かな 宮内政市    餅搗や搗き手の子供よろめきて  加藤晃規 町内会の恒例の餅つき大会があった。 搗き手は最初は若衆で、後半は子供達や付き添いの親達にも搗かせていた。  近頃の子供は非力なのか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

愛と感動と希望

こんにちは。 金太郎です。 「人生とは愛と感動と希望を見出す終りのない旅である」(西国山人) 大変好きな一章である。  山人さんとはインターネットで知り合った。 山人さんは「俳諧を読む」というメルマガと「西国山人のつれづれ草」というブログ を持っておられる。  人生に対して大変前向きな方である。 「俳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漱石忌

こんにちは。 金太郎です。    よく猫に出会ひし日なり漱石忌  金子翠羽    漱石忌聴く「八段の調」かな   加藤晃規 今日12月9日は、明治・大正の文豪夏目漱石の忌日である。 没年は大正5年(1916)。 今日は尺八協会主催の第62回琴古流尺八演奏会に出掛けた。 素晴らしい竹韻絃歌の響きが心に染…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の帽子

こんにちは。 金太郎です。    冬帽をかぶり聳ゆる富士の山    ストーブを囲み順待つ町役場    温泉と読書三昧枯木宿 天候に恵まれ乙女峠からの富士山は本当に見事であった。 町役場では手続き待ちの里人がストーブを囲み談笑していた。 宿の窓先の木々は葉が落ち、庭先には猪が出没しているらしい。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

勤労感謝の日

こんにちは。 金太郎です。    ひたすらに屑焚く勤労感謝の日 平井惺子    衝動買ひ我に勤労感謝の日   冨山いづこ 今日11月23日は「勤労感謝の日」。 勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日で、国民の祝日。 戦前の「新嘗祭」。 芝公園、日比谷公園、皇居経由で東京駅までウォーキングをし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京国際女子マラソンと2つの絵画展

こんにちは。 金太郎です。    マスクして女子マラソンを応援す 今日は東京国際女子マラソンの日。 午後、生憎の雨の中を疾走する選手達を芝園橋交差点で応援した。 土佐礼子、高橋尚子の両選手が並走・通過した。 家に戻ってテレビにスイッチを入れたところ土佐選手が独走していた。 優勝は土佐礼子選手。 高橋尚…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日記

こんにちは。 金太郎です。     書くことは飲み会のみや日記買ふ 「日記買ふ」と言っても10年に1回だけです。 実は、『石原10年日記』という日記帳を使っているからです。 趣味は「右脳俳句」です。 座右の書は『右脳を働かせ五七五で自分史を作ろう』(文芸社)と 『実用俳句歳時記』(成美堂出版)です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more